ロシア定番料理☆ボルシチ

2017年10月14日

暑い日が続きますね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

お盆が迫っていますが、ご旅行の予定はお決まりになりましたでしょうか?

ロシアを検討されている皆様、まだビザ取得間に合いますよ(^^)/

ロシアは只今絶好の観光シーズン☆とても気持ちの良い避暑地です。

間もなくご出発される方も多いですが、お気を付けて行ってらっしゃいませ☆

スーパーで見つけた「ロシア定番料理☆ボルシチ」

さあ、今回はロシアの定番料理「ボルシチ」についてです。

プライベートで行ったスーパーで、なんと・・・ボルシチのルーを見つけました!

こちらがスーパーで見つけたボルシチ(箱)↓

ロシア料理ボルシチ

そもそもボルシチとは?

ボルシチは、ウクライナの伝統料理で、その後ロシアへ広がったとの説が有力です。濃い紅色をした煮込みスープです。個人の見解ですが、その濃さとは正反対で味は濃く感じません。

そして気になる紅色スープの正体は・・・「テーブルビート」です。テーブルビートは、アカザ科の多年草で、見た目はカブのような感じです。ビーツとも呼ばれ、高血圧の予防、腸内環境を整える、肝機能を高めるなどの役割を果たしてくれる、とても体に良い野菜だそうです。葉には、ビタミンCに鉄分や葉酸も豊富なため、女性にも嬉しい限りですね。味はスイートコーンよりも糖分が多く、甘みが強いのが特徴です。

こちらがテーブルビート↓

テーブルビート

 50分クッキングスタート♪

早速料理してみました。

牛肉、キャベツ、人参、玉ねぎ、じゃがいもなどお好みの具材を油で炒め、その後水を入れて柔らかくなるまで煮ます。

 

そして、ルーを加え、更にコトコトと煮込み、付属のスパイスをまぶします(写真の緑色がそのスパイスです)。

 

日本版ボルシチ、できあがりました!
いただきま~す(^^)☆

 

さて、気になるお味は・・・

日本人向けに塩加減や味付けがされており、どんどんお箸が進みました。ただ見た目も味もロシアで食べたボルシチとは異なりました。スープの色は濃い紅色という感じはなく、水分多めのビーフシチューのようでした。今回サワークリームを用意していませんでしたので、サワークリームがあれば、もう少し本場の味に近づいたのかもしれません。しかし、お味はトマトスープ煮のようで、とっても美味しかったです(*^_^*)

最後にアクセントとなるサワークリームはこちら↓

サワークリーム

サワークリームは、生クリームを乳酸菌で発酵することにより、さわやかな酸味とコクが出たクリームのことです。

ボルシチにかければ、まろやかなボルシチの出来上がり♪

 

スーパーで見かけたら、ぜひお試しくださいね。

Пока!(また)