ロシアに渡航される際に一読!

今や必須の通信機器。通信環境はぜひ調べておきたいところですね。アイテムとしては「Wifiルーター」や「SIMカード」が必要。そして重要なのは通信環境。今ロシアはどうなのでしょうか?

生の声がいちばん重要なので、ウラジオストク渡航経験のあるスタッフが実体験をもとにざっくり書きます。ウラジオストクがメインになってしまいますが、ロシア渡航前の参考になれば幸いです。

SIMカード

まず、SIMカードについてですが、ウラジオストク国際空港内に大手「BeeLine」「MTC(MTS)」が入っています。但し、早めに閉まってしまうので、夕方以降の到着の場合は注意です。また、空港で購入できなくても、ウラジオストク駅前やウラジオストク市街地にもショップはありますので、ご安心を。

私は空港内の「BeeLine」で、5GB(1ヶ月)のSIMカードを300ルーブルで購入(2017年1月時点)しましたが、カード挿入後すぐに全く問題なく使えました。

少し話がそれますが、ロシアから日本への観光を計画している方の話だと、日本の外国人観光客向けのSIMカードは高いとのこと。確かにロシアでは安価で手軽な外国人観光客向けが出回っていますが、日本では、中々安価で手軽なものがたくさんはありません。これから2020年のオリンピックに向けて、外国人観光客向けのSIMカードなど通信関連も強化されることを願います。

Wifi


次に、Wifi事情ですが、私は3GのWifiルーターを持っていきました。心配していたほど通信速度も遅くなく繋がります。Wifiはウラジオストクのレストラン・カフェ・ホテルなどの建物内は、Freeで使用できるところがたくさんあるので、建物内での心配はあまりありませんが、道中で迷った時や調べたい時などは、やはり大切です。

ロシア(ウラジオストク)の通信環境は、悪くありません。私はWifiルーター+SIMカードで快適に過ごしました。

ご一読いただき、ありがとうございました。