ヴァイオリン先生♪異文化っていい文化~モスクワ/サンクト:お客様ロシア旅行記

2017年11月8日

友達が車で連れて行ってくれたショッピングモール

(写真:友達が車で連れて行ってくれたショッピングモール)

今回は、モスクワ・サンクトぺテルブルクへ渡航されたお客様(ロシアビザーズでロシア観光ビザを取得していただいたお客様)よりお伺いした感想をご紹介します。

※匿名でご紹介しています。写真はお客様からの承諾のもと掲載しています。使用・複製等を禁じます。
※“”内はすべてお客様のご感想です。

今、ヴァイオリンの先生に会いに行きます!inモスクワ

はちみつ市場があった公園から眺めたモスクワ川

(写真:はちみつ市場があった公園から眺めたモスクワ川)

“エコノミークラスが満席でワンランク上のプレミアムエコノミーで快適な中まずはモスクワへ。

モスクワはやはり日本よりも寒く、長いコートで丁度いい感じでした。

日本の同市内に住む先にロシアに里帰りしていたロシア人の友達とその友達が車で私を空港でピックアップしてくれました。モスクワ滞在中は1週間友達の家でお世話になることに。

お友達のお宅についてから早速、日本で学生時代から長年ヴァイオリンお世話になり、今年3月に奥様のご病気の関係でモスクワに完全帰国されたヴァイオリンの先生にお電話。次の日お目にかかることに。

9月の頭にお会いする予定のヴァイオリンの先生の奥様が亡くなられ、悲しみの中お墓参りに。時差ボケの中次の日、モスクワ郊外のお墓に先生のお車で向かいました。

ロシアは死者へ手向ける花の数は偶数と決まっているそうです。お墓は先生宅の中心地から40分位の郊外の自然豊かな場所にありました。日本と違い土葬で、まだ土が盛られて間もないので土が盛り上がっていました。日にちが経つにつれ土が平らになっていくそうです。

それから先生宅でディナーをいただき先生や生徒などと少し歓談。次の日はヴァイオリンのレッスンでした。その後モスクワ滞在の間2回のレッスンを受けさせていただきました。”

先生の奥様のお墓

(写真:先生の奥様のお墓)

種類豊富なはちみつ!肉食中心ロシア料理!お菓子にロシアンティー!

はちみつ市場

(写真:はちみつ市場)

“滞在中は友達たちが食事など作ってくれ、ロシアのおいしい食べ物なども教えてくれました。レッスンや練習の合間に、ショッピングモールやはちみつ市、はちみつ市場に隣接する公園とモスクワ川、願いが叶うと言われる教会(笑)にも連れて行ってくれパック旅行とは違った地元の方の感覚の観光ができました。お土産もスーパーでおいしいお菓子を安く手に入れることができました!

飲み物は、炭酸飲料のクワスやバイカル(数種類の体に良いとされるハーブの入った)という飲み物、mac coffeeというロシアの銘柄のインスタントコーヒーがお気に入りでした!

食べ物はロシアのクレープとロシアの餃子のペリメニ、ボルシチ。おいしかったです!サラミやハムなど肉類も日本よりも種類が多く、肉食中心文化なんだと思いました。

必ずほとんどと言っていいほど毎回食べられるのがロシアでしかほとんど手に入らない黒パン。一斤安いもので日本円で100円くらいでスーパーで見かけました。最初は独特な味にびっくりしましたが、忘れられないちょっと癖になる味でした!

パンにはサラミかチーズ、ロシアの独特な風味のバターを添えていただきました。

食後によく冷蔵の小さな個装のレアチーズやココナッツの入ったレアチーズをチョコで覆われたものも食べました!お土産にも日本にもない珍しいもので、ボリュームがありましたがおいしくいただきました!時々デザートにはヨーグルト、カスタードのどろっとしたプリン風のクリームなどもいただきました。

それとロシアの家庭で食べられる卵の黄身がオレンジ色のものというよりも、黄色の黄身が主流なのにも驚きました!!

お土産はアリョンカなどのチョコや、

チョコが苦手な人でも日本人の口に合うごま入りクラッカー↓参照

https://www.utkonos.ru/item/114/19797773

とクッキー↓

http://irecommend.ru/content/pechene-bolshevik-pechene-yubileinoe-traditsionnoe-150-g

などをスーパーで安価で購入しました。あとロシアンティーも友達に教わり購入しました。”

ローマ字表記多し!願いが叶う鳥の像の台に・・inサンクトぺテルブルク

ウサギの公園でのウサギの像

(写真:ウサギの公園でのウサギの像)

“一週間の滞在後日本の同市内に住む友達の故郷であるサンクトペテルブルクに向かいました。

サンクトペテルブルクは、時折小雨も降るような曇りの多い天候で、モスクワよりもさらに寒かったです。日本でいう12月位でした!

まずは友達に地下鉄でウサギの公園に案内されました。

モスクワでもレッスンに通うのに地下鉄を使いましたが、モスクワではロシア語表記がメインで不便でしたが、サンクトペテルブルグでは、中国人をはじめとした外国人観光客が多いためか、ローマ字表記も大きく表記されていてわかりやすく利用しやすかったです!”

6日間乗り放題のフリーパス

“ちなみにサンクトペテルブルク滞在中の6日間乗り放題のフリーパスで(日本円で大体1500円くらいでした)地下鉄、指定のバスやトローリーバスが乗り放題でした!”

ウサギの公園

“ウサギの公園は様々なウサギのモニュメントなどが立ち並び、ウサギの公園を過ぎて、ネヴァ川に架かる橋を渡ると、昔の刑務所が伴設された立派な昔利用された要塞がありました!昔の刑務所の生活など色々なものが展示されていて、いくら時間があっても足りない感じでした!”

ウサギの公園を出て橋を渡ったところにある要塞

(写真:ウサギの公園を出て橋を渡ったところにある要塞)

エルミタージュ美術館

“それから次の日はエルミタージュ美術館。館内は写真撮影は基本フラッシュなしでOKで、6時間見学しましたが、展示品が多く展示品の半分くらいしか見られませんでした。日本語の音声ガイドも別料金で借りられたのでかなり楽しめました!!ロシアの王族のドレスや品、有名なダ・ヴィンチやピカソ、カンディンスキーなど・・・見切れない位本当にたくさんありました!!美術館自体も古い建物で、昔の王族の為に建てられた豪華絢爛な様相で目が奪われました!!”

エルミタージュ美術館入り口前

(写真:エルミタージュ美術館入り口前)

願いが叶う「鳥の像の台」

“それから別の日には友達は美しい噴水と、白鳥とカモメがたたずむ池のある、王族の為に作られた「夏の公園」と「チージック・ピィージック(ずんぐりした鳥)の像」へ案内し、鳥の像の台にコインを投げて乗っけることができると願いが叶うというので、カペイカのコインでチャレンジしたところ、2回目で台座に運よく乗っけることができました!なかなか難しい事の様で、周りの方も拍手をしてくださり、とてもうれしかったです!”

鳥の像

(写真:鳥の像)

交流パーティ

“友達の日本に興味がある友人達が宿泊中の友達宅に集い、私は作ったカレーやヨモギのきな粉団子。料理が得意なロシア人の友人の友人が日本風ロシア寿司、たこ焼きなど調理し、その他の友人たちがお酒を持ち寄ったりして、ロシア語中心でしたがパーティーも皆さんで開きました!日本のアニメの話になるとみんなが真剣に話している感じでした!

日本の食べ物は、カレーの福神漬け、梅干し、漬物は意外と人気があり、やはり抹茶ラテや、抹茶チョコ、柿の種は一番人気でした!おせんべいやポテト菓子もすぐになくなりました!作った団子もすぐになくなり、カレーライスも口に合うようでした!(ちなみにモスクワでのヴァイオリンの先生へのお土産も日本酒や柿の種でしたがあっという間になくなってしまいました!)”

思い切って単独行動

“それから、最終日は友達と別行動で思い切って地下鉄、トローリーバスやバスを使い、自力でマリンスキー劇場とサンクトペテルブルク音楽院に行ってみました。あいにくマリンスキー劇場は出し物がなかったですが、建物の中に入ることができ、内装のミニチュアを見ることができました。サンクトペテルブルク音楽院はあいにく工事中で外装や内装もみられず残念でした。

音楽院の前にはグリンカとリムスキーコルサコフの像が建てられていてちょっとした芝生のきれいな公園がありました!!

大体見たいところもみれて、ヴァイオリンの先生に会う目的も果たせ、一般市民の生活も垣間見ることができ、充実した旅でした!!”

マリンスキー劇場

(写真:マリンスキー劇場)

スタッフよりひとこと

楽しく充実したご旅行だったことが伝わってきて、私もとても嬉しくなりました。

鳥の像の台にコインを投げて乗せられたら願いが叶うというのは、何ともロマンティックですね!
わずか2回で乗せられたお客様、ナイスコントロール!きっと望んでいたことが現実になることを意味しているのでしょうね♪

ヴァイオリンの先生に出会われ、様々な観光地を巡られ、ご友人様と楽しまれ、ご満喫されたようで何よりです。
より、ヴァイオリン演奏に磨きをかけられたことと思います。

今後も引き続き、盛んに交流をされてくださいね^^

異文化って・・いい文化ですね!

ロシアビザーズへご依頼いただき本当にありがとうございました。