ロシア E-visa(簡易電子ビザ)の条件と方法

2017年8月よりウラジオストク自由港制度としてe-visaが始まっています。2018年より対象地域が拡大したため、2018年現在の状況を簡単にご説明します。

※ロシアビザーズでは電子ビザを取り扱っておりませんので、詳細はロシア連邦外務省やロシア領事部へ直接ご確認ください。また、制度は都度変更となる可能性があります。本記事は、内容の正確性を保証するものではありません。

対象地域

この簡易ビザ制度はウラジオストク自由港制度(関税等の優遇)の一環ですので、開始当初、ウラジオストク市が含まれる沿海地方のみが対象地域でした。

2018年1月より、サハリン州とカムチャッカ地方が対象地域に追加されました。当初これら追加地域の国境検問所は港湾のみとなっていましたが、2018年9月より、空路でのチェックポイントも追加されました。

2018年9月からで一番のニュースはハバロフスクのある、ハバロフスク地方が E-ビザの対象地域に加えられたことです。極東ではウラジオストクと同様に人気のスポットです。

9月にはさらにアムール川のあるアムール州や、チュクチ自治管区も加えられました。9月現在で、E-visa申請サイト上では以下の地域が選択可能です。よって現在、極東の6地域が電子ビザでの訪問可能地に選ばれています。

 

対象地域(2018年9月現在)

≫ 各地域における国境検問所

 

滞在可能期間

※注意:在ウラジオストク日本国総領事館によると、ロシア専門サイト日本語では「入国日から8日間以内」との記載があるが、実際には8日未満であるとのことで、注意を促しています。

e-visaの場合は8日目まで有効なビザが発行されます。通常の観光ビザでは30日間までの滞在が可能ですが、日数が8日未満ならE-visaを検討しましょう。

E-visa滞在可能期間:8日未満

 

費用=無料

e-visa制度では事前申請(インターネット)により、現地でビザ発行されます。費用は無料ですので、対象地域へ旅行の場合はお試しされるのがよいか思います。

通常ロシアビザ取得のためにはロシア領事部へのパスポートの預け入れが必要ですが、このE-visaではその必要もありません。

 

申請方法

下記サイトより申請できます。日本語(少しあやふやな点もありますが…)表記もありますので安心して入力できます。

申請番号とパスワードの入力すると、現在の状態についてもご確認いただけます。
≫ 電子ビザのステータスの確認

 

申請後の流れ

数日内に作成された申請通知メールが届きます。

ロシアe-visa申請書サンプル

メールで届く通知書(申請書)

そのメールに添付されたPDFファイルを印刷、またはスマートフォン等に保存した状態で、ロシア入国時に提出します。

 

E-visa申請可能な国籍

現時点で18カ国の国民がE-visaによって簡易にロシアへ入国できます。

  • 日本
  • 中華人民共和国
  • 朝鮮民主主義人民共和国
  • アルジェリア
  • バーレーン
  • ブルネイ
  • インド
  • イラン
  • カタール
  • クウェート
  • モロッコ
  • メキシコ
  • アラブ首長国連邦
  • オマーン
  • サウジアラビア
  • シンガポール
  • チュニジア
  • トルコ

 

以上はロシア連邦外務省で案内されています。
≫ 電子ビザ取得手続き(ロシア連邦外務省)

※詳細はロシア連邦外務省へ直接ご確認ください。また、制度は都度変更となる可能性があります。本記事は、内容の正確性を保証するものではありません。

 

通常のロシアビザが必要な場合

以上の内容に該当しない(期間が8日以上、旅行目的地がモスクワなどの対象地域外)場合、通常のロシアビザを事前に取得する必要がございます。

ロシアビザ取得の際にはロシアビザーズを一つの選択肢としてご検討ください。

≫ ロシアビザーズの各種ビザ代行