ロシアビザの写真・サイズ・カラー・鮮明度・申請可否について

※証明写真機を強く推奨(顔面積はパスポート並みのもの)
証明写真機以外の撮影では申請を通過しない状況が増えております。証明写真機で撮影したものであっても、写真に対する顔面積が小さい場合は大きめのサイズを切り取るなど工夫するといいかもしれません。

たとえ証明写真であっても、受理・不受理を判断するのはロシア領事員であるため、場合によっては注意が必要です。また基準も頻繁に変更されるため、申請してみないと受理されるか否かの判断は出来兼ねますことをご理解ください。

写真サイズ (Photo size)

ロシアビザ写真のサイズ

写真のサイズは縦4.5センチ×横3.5センチの規定があります。これはちょうどパスポート用サイズ、あるいはマイナンバーカード用の写真サイズと同じ大きさです。

 

顔の面積 (Face area)

ロシアビザの写真の顔サイズについて

写真全体に対する顔の大きさが小さいと申請を拒否されます。証明写真機での撮影であっても顔面積が小さいと拒否されます。パスポートに貼られている顔写真のサイズを参考にしましょう。

最近ではスマホによる撮影→コンビニ印刷は安価で手軽ですが、その際にこのように顔の面積が小さくなるケースが多くみられます。通常の証明写真機で撮影したものと同じ程度の顔の面積になるよう撮影しましょう。

 

写真の鮮明度と加工 (Clarity and Processing)

証明写真の加工

鮮明度が低く、写真がにじんでぼやけているような状態のものは申請を拒否されます。また、影が多くできてしまっている写真も申請拒否されるケースがあります。先述のように、顔の面積が小さい場合などに拡大した写真がこのような状態となりやすいようです。加工のない証明写真を用意しましょう。

 

写真のカラー (Photo color)

ロシアビザ申請用写真のカラー

証明写真は、必ずカラーのお写真をご用意ください。

 

写真についてまとめ

基本的な注意点については以上となります。上記のほかにも影が多い、加工の具合やサングラス・帽子を着用しての撮影は申請を拒否されます。微妙な場合であっても、最終的に申請可能か否かについてはロシア領事館側の判断となります。

申請を拒否されてしまうと追加の写真郵送のお手間や再申請料金がかかるだけでなく、お客様のロシア旅程に間に合わなくなる可能性も出てきます。スムーズに申請できるよう、証明写真機で規定のお写真を撮影いただくことを推奨いたします。