やればできるサンクト日帰り旅行!Fromヘルシンキ:お客様ロシア旅行記

サンクトぺテルブルク日帰り旅行1

今回は、サンクトぺテルブルクへ日帰り旅行をされたお客様(ロシアビザーズでロシア観光ビザを取得していただいたお客様)よりお伺いした感想をご紹介します。

※匿名でご紹介しています。写真はお客様からの承諾のもと掲載しています。使用・複製等を禁じます。
※“”内はすべてお客様のご感想です。

ヘルシンキ~サンクトペテルブルク日帰り旅行

“以前からエルミタージュ美術館に行ってみたいと思ってはいたものの、ロシアへ単独で旅行するのはちょっとハードルが高い感じがして躊躇していましたが、ヘルシンキから列車でサンクトペテルブルクへの日帰り旅行が出来ると知り行ってみることに。”

アレグロ(ヘルシンキ 中央駅 ⇔ サンクトペテルブルク フィンランド駅)

“朝7:20ヘルシンキ中央駅発のアレグロに乗る為、未だ夜の明けない7:00に中央駅へ。
中央駅ではすでに売店も開いていて、飲み物や軽食なども購入可能です。

改札なしでプラットホームに移動、アレグロに乗り込み出発。
車内のお手洗いもきれいでしたし、お水のサーバーもありました。食堂車もあるようでしたが、私は利用しませんでした。
しばらくするとフィンランド側、その後ロシア側のパスポートコントロールと手荷物検査がありました。通貨の両替も車内で出来るようでした。
特に大変な事もなく、約3時間後にはサンクトペテルブルクのフィンランド駅着。

ちなみに帰る時は、フィンランド駅の構内の改札でパスポートとチケットの確認があります。
出発後のアレグロの車内でもロシア側フィンランド側双方のパスポートコントロールがあります。帰りの航空券の提示も求められました。
ロシア側は荷物のチェックがありますが、あまり細かくなく、私の場合は、荷物どれ! あぁこれ? オッケー。…って、中を確認しないんですか?! という状態でした。

行きも帰りもアレグロ車内での言語は英語で大丈夫でした。”

地下鉄が便利

“街中の移動には地下鉄を選びました。
タクシーは論外として、一応Uberのアプリをスマートフォンに入れて行きましたが、駅構内の表示には英語表記がありますし、駅の構内自体が美しかったりで、結果として地下鉄移動が簡単で、楽で、楽しかったです。

そういえば私の購入したガイドブックには地下鉄に乗るには「ジェトン」というトークンを買うとありましたが、フィンランド駅に一番近い地下鉄の駅には自販機がなく、ブースではジェトンでは通じません。ジェトーネでした。枚数、じぇとーね、ぱじゃるーすた…で購入出来ました(笑)”

高所恐怖症の方はご注意を!

“そして、ロシアの地下鉄が深いとは聞いていましたが、本当に深い。そしてスピードが速い(笑)
高所恐怖症の私は下りのエスカレーターはとても下を向けませんでした。”

見尽せないほどの観光都市

“サンクトペテルブルク市内では昼食前にイサーク大聖堂、スパース ナ クラヴィー教会、昼食後にエルミタージュ美術館、夕刻からスーパーマーケットでお買い物というスケジュールでした。
途中、チョコレート博物館を見つけましたが、時間の関係で観ることができなかったのが残念です。
正直、ヘルシンキからの日帰り旅行ではまったく時間が足りないという感じで、せめて1泊すればよかったと後悔しきりです。

それでも、短い時間なりに観て回り、エルミタージュ美術館も観たかったところは観る事が出来たので、大満足とはいきませんが(苦笑)そこそこ満足です。”

ファストフード

“時間が勿体無いのでちゃんとしたレストランには入りませんでしたが、ピロシコヴァヤでピロシキを頂いたり、テレモークでスープを頂いたり、現地のファストフードは楽しめました。”

必見!お土産選び inサンクトぺテルブルク

サンクトぺテルブルク日帰り旅行2

“お土産を買う目的のスーパーマーケットは、安心の為にというとサンクトペテルブルクの他のスーパーマーケットに申し訳ないですが、一応高級スーパーということでストックマンへ行きました。

ガイドブックで見かけたチーズ菓子を発見したので自分用に購入。
クリームチーズとギリシャヨーグルトを足して二で割ったような感じのものが薄いチョコレートでコーティングされていて、私の味覚にはとても美味しく感じました。(余計な事ではありますが、緑色のが一番好きな味でした)

生鮮食料品はちょっと残念感がありますが、お惣菜やパンも種類が豊富ですし、他の物も品揃えが良く、見て回るだけでも大変楽しいです。
レンズ豆が日本で買うお値段の半額! 重さの事を考えなければ自宅用に購入したかったです。

チョコレートはたくさん種類があってどれを買ったらよいものか悩みます。
日帰り旅行だと味見が難しいので、お土産にする食べ物の購入がスリリングです。

私は、後に配る事を考えてАЛРИОРИのアソートタイプのものを選びました。
「АЛРИОРИ」はIPPINというサイトで紹介されていたので、大きくは外さないと思い購入。
でも、売り場にお土産で頂いたことのあるティラミス味のチョコを発見したので、そちらも保険として購入(苦笑)。
このティラミス味のチョコ、ロシアのチョコじゃないのですが美味しいのです(笑)

帰り間際にお財布に残ったルーブルの消費の為、フィンランド駅の目の前の小さなスーパーマーケットでお買い物、駅構内のキオスクでもお買い物。

駅前スーパーで購入したベリー風味の紅茶は、この手のものは当たりハズレが大きくて危険と思ったのですが、よく考えたら紅茶をお飲みになるお国柄だったので大外れになるわけもなく、軽いしお安いし美味しかったのでもっと買ってくればよかったと思いました。

名前で買ってしまったペットボトルのお水は硬水系で軟水好みな私にはちょっと飲みにくかったですが、硬水がお好きな方にはいいのではないかと。

ご当地Laysは蟹味! ちょっと場所は取りますが日本では見かけない味ですし、軽いですし、若い方には良いお土産になりました。

これでだいぶ小銭を消費して、最後に駅構内のキオスクでシールを見つけて購入。
16ルーブル残して終了でした。硬貨3枚くらいは自分の旅の記念で許容範囲(笑)

ヘルシンキには日付けが変わってから到着。”

“丸一日歩きまわり、大変楽しかったですが、結構体力勝負な日帰り旅行でした。”

サンクトぺテルブルク日帰り旅行3

スタッフよりひとこと

ヘルシンキ⇔サンクトペテルブルク間を快適なアレグロに乗って片道3時間。

そして、日帰りの弾丸旅行をされたお客様。体力があれば、日帰り旅行もできるのですね!

短い時間の中でも様々な体験をされていますが、ここまで熟せることには驚きました。

ロシアのチョコレートではないようですが、ティラミス味のチョコレート美味しそうです!

お写真を拝見していると・・全部食べたくなってしまいますね(笑)

チョコレート博物館、次回はぜひ訪問されてください♪

そして、ヘルシンキも充実した旅となられたのであれば幸いです。

次回はぜひ、ゆっくりロシアへ遊びに行かれてくださいね^^

ロシアビザーズへご依頼いただき本当にありがとうございました。