よくある質問やヘルプのQ&Aを掲載しています。ロシアビザ代行申込前からビザ受取後まで、困った際は参考にしてください。

よくある質問 絞り込み検索


Found 52 Results
Page 1 of 6

余裕を持った入出国日は可能?(通過ビザ)


通過ビザでは通常、余裕を持った有効期間でビザ取得はできません。 通過ビザの場合はEチケットのコピーを提示し、Eチケットに記載された日程通りでビザの期間が定まります。この場合の有効期間は、ロシアへ到着したロシアの現地日付よ […]

2017年5月13日


余裕を持った入出国日は可能?(観光ビザ)


※下記は観光ビザについてです。通過ビザでは余裕を持つことはできません。 観光ビザの場合、取得可能なビザの最大有効期間は30日間となります。30日間を超えなければ、多少前後に余裕をもって入出国日をご入力いただくことも可能で […]


何ヶ月前から申請できる?


ビザ申請は入国の約3ヶ月〜5ヶ月ほど前より受け付けたいとの旨を領事館員より伝えられております。 そのためあまりに先の日程にて申請が出来兼ねますこと、予めご了承ください。 世界旅行などを計画され、どうしても先の日程にて、事 […]


申請代行のみってどういう意味?


「申請代行のみ」は、ロシア渡航経験者様などのご自身で書類をご用意いただける方へ、領事館への申請〜ビザ受領、そして返送までを含んだサービスとなっています。「書類手配はできるけど、領事館から遠い、あるいは仕事を休めない」など […]


Eチケット取得前でも大丈夫?


ロシアビザーズへお申し込みいただくことは可能です。ただし、通過ビザの場合、申請の際にはEチケットのコピーを定時する必要があります。そのため基本的にはEチケット取得後(支払後)の日程が確定した段階でお申し込みいただくことが […]


通過ビザの有効期間について


通過ビザではEチケット等の証明書に基づいて有効期間が決定されます。そのため、発行されるビザにはEチケットに記載の入出国日=有効期間となります。 ダブルビザにおけるビザ有効期間の記載はEチケットに基づいて初回入国日と最終出 […]


トランジットビザ・ダブルについて


往路と復路の両方でロシアで乗り継ぎする場合、トランジットのダブルビザ(2度入国)となります。 ※下記の目的地は例です。


トランジットビザ・シングルについて


片道のみロシアで乗り継ぎし、目的地へ行く場合はトランジットビザ(シングル=1度入国)となります。 ※下記の目的地は例です。


ヘルシンキ〜サンクトペテルブルク間の日帰り旅行はできる?


フィンランドのヘルシンキからサンクトペテルブルクへの日帰り旅行の場合も観光ビザでご取得可能です。日帰り旅行の場合は宿泊先がありませんので宿泊先名なしでお申し込みください(「No accommodation」で手続きを進め […]


Booking.comなど、インターネットでのホテル予約のバウチャーが使える?


バウチャー(voucher)とは証明・確認のことであり、ホテルの予約確認書もよくバウチャーと呼ばれます。ですが、ビザ取得に必要なバウチャーとは通常、異なります。ビザ申請用のバウチャー(サポートレターとも呼ばれます)とは旅 […]


Page 1 of 6